幕府

大坂海軍塾跡・勝海舟寓居跡の専称寺に到着

更新日:

大坂古地図②

前回「勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?」の続きになります。

堺筋の淡路町1丁目から西に進んでいきました。この道路から西が淡路町2丁目です。この辺りはオフィスビルが立ち並んでおり、残念ながら江戸時代の名残は全く見られません。あるのは碁盤の目をした道路だけしょうか。

船場周辺地図

淡路町1
淡路町1を西に直進。

スポンサーリンク

ここからは余談ですが…。

船場ビルディング

歩いていると、一箇所だけ異質な空間があります。それは「船場ビルディング」という名の建物でした。大正時代に建てられたようで、外観は地味ですが、どうしてもこのレトロ感が気になり少し中に入ってみました。

すると光が1階まで入るよう工夫されており、外観よりむしろ内観にセンスを感じさせる建物ですよ。この周辺は見所があまりないので、チラっと見に行かれることをオススメします。

船場ビルディング
登録有形文化財。淡路町2丁目

船場ビルディング

 

船場ビルディング
入ってすぐ目にする独特の空間。上から光が入り開放感があります。

 

専称寺・淡路町3丁目(北鍋屋町)に到着

淡路町2丁目3

ついに目的である淡路町3丁目(北鍋屋町)に到着。しかし、う〜ん、予想以上にオフィスビルのみって感じです。ちなみにに下の写真が、①大坂海軍塾跡勝海舟寓居跡(専称寺)です。特徴が何もないですせめて碑や説明文を建ててください。

 

大坂海軍塾跡。現在はスワンビル。
大坂海軍塾跡。現在はスワンビル

 

淡路町3丁目方面。AAホール
スワンビルから西側・淡路町3丁目方面。AAホールがあります。

 

スワンビルから南側。スワンビル、ノリタケビル
スワンビルから南側。スワンビル、ノリタケビルと続いています。

 

この淡路町3丁目から南に下ると、瓦町3丁目になります。ここは江戸時代、南鍋屋町と言われていました。

淡路町3丁目(北鍋屋町)と瓦町3丁目(南鍋屋町)の境。
淡路町3丁目(北鍋屋町)と瓦町3丁目(南鍋屋町)の境。

 

この南鍋屋町には近藤長次郎ゆかりの地、②大和屋弥七邸があった場所です。近藤長次郎は海舟塾に坂本龍馬と入り、その後、近くにある大和屋弥七の娘・お徳と結婚しました。仲人は勝塾塾頭の佐藤与之助が務めたそうです。後、百太郎が生まれました。

場所は瓦町3丁目にコンビニ・サークルKサンクスがあり、その斜め前辺りだと思いますが、正確にはわかりません。現在の日本毛繊株式会社辺りでしょうか。

大和屋弥七邸跡?
大和屋弥七邸跡?コンビニの斜め前辺り。

 

最後に

北鍋屋町と南鍋屋町周辺を歩いてきました。この2箇所には石碑や案内板を建ててほしいですよね。ビルばっかりですが、石碑ができると少しは雰囲気も変わってくると思います。折角、龍馬伝で紹介されたんで、このタイミングでお願いします。

最後に専称寺ですが、1845年や1863年の古地図には載っていません。なぜに?後にこのお寺は兵庫に移っていることは知られていますが、それ以前の古地図に載っていないのはなんででしょうか?なぞである??

 

スポンサーリンク

-幕府
-, , ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.