「 坂本龍馬 」 一覧

大坂古地図②

大坂海軍塾跡・勝海舟寓居跡の専称寺に到着

前回「勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?」の続きになります。 堺筋の淡路町1丁目から西に進んでいきました。この道路から西が淡路町2丁目です。この辺りはオフィスビルが立ち並んでおり ...

幕末大阪古地図

勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?

2014/05/17   -幕府
 , ,

幕末関係の小説を読んでいると、坂本龍馬が頻繁に大坂を行き来する場面が登場します。では龍馬は大坂のどこを拠点としていたのでしょう。 それは勝海舟の寓居である専称寺。勝海舟が大坂で海軍塾を始めた場所です。 ...

いろは丸展示館

鞆の浦・いろは丸展示館周辺と館内を見学

2014/05/05   -土佐藩
 ,

1「鞆の浦到着。「坂本龍馬宿泊所跡」と頼山陽「対仙酔楼」を見る」 2「龍馬観音から福山市営渡船のりば、禅福寺・対潮楼周辺を歩く」 3「「鞆の津の商家」、「いろは丸事件談判跡」、「御舟宿いろは」周辺を歩 ...

「対潮桜」眺め

龍馬観音から福山市営渡船のりば、禅福寺・対潮楼周辺を歩く

2014/04/17   -土佐藩
 ,

一日乗車券で、大阪から福山までやってきて、バスで鞆の浦にやってきました。前回は、鞆の浦に到着し、「坂本龍馬宿泊所跡」碑と頼山陽の「対仙酔楼」を歩いてきました。 「鞆の浦到着。「坂本龍馬宿泊所跡」と頼山 ...

鞆の浦到着。「坂本龍馬宿泊所跡」と頼山陽「対仙酔楼」を見る

2013/10/25   -土佐藩
 ,

鞆の浦バス停を降り、南に歩いていきます。左側を見ると、そこは海・海・海。弁天島(弁天堂があるので)と仙酔島(仙人も酔ってしまうほどの美しい島)が見えます。 海沿いを歩くと色々な場所に鞆の浦マップがある ...

史跡・旧海軍操練所跡

坂本龍馬や陸奥宗光、近藤長次郎等を排出した神戸海軍操練所跡を巡る

②「旧居留地十五番館」を見て立ち去ろうとした時、横にふっと目に入ったものがあったので、近づいてみることにしました。 柵に囲まれたもの、登録有形文化財、近代化産業遺産とあります。 覗き込んでみると…

神戸の外国人居留地と現存する旧居留地の痕跡

2013/09/29   -幕府
 , ,

神戸周辺は大阪から近いということもあり、何度も行ったことがありますが、今回は撮影も兼ねて「神戸海軍操練所跡」に行って来ました。 始めに「神戸海軍操練所」の説明を少々。 元治元年(1864年)に軍艦奉行 ...

寺田屋前から三十石船に乗り、幕末を感じてみる

2013/09/19   -薩摩藩
 , ,

  前回の「伏見桃山駅・桃山御陵駅から寺田屋に向かう」の続きです。  

寺田屋

伏見桃山駅・桃山御陵駅から寺田屋に向かう

2013/09/18   -薩摩藩
 , ,

伏見、京都の中でも南に位置するこの場所は、京都そのものよりも落ち着いた京都を感じさせてくれます。  

坂本龍馬

坂本龍馬直筆で血判付きの署名が発見!武市半平太、岡田以蔵、兄・坂本権平の署名もあり。

今朝、新聞で坂本龍馬の記事を見つけ、思わず前のめりになった記事を紹介します。  

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.