「 大阪 」 一覧

薩摩藩大坂蔵屋敷

古地図で薩摩藩大坂蔵屋敷跡を歩く

2014/06/25   -薩摩藩
 

今回は大阪の「薩摩藩大坂蔵屋敷跡」を紹介してます。かなり前ですが、長州藩大坂蔵屋敷を更新しました。 詳しくは「適塾塾頭時代の「大村益次郎先生寓地址」は、江戸堀フコク生命ビルにあり。」、「大阪の長州萩藩 ...

生國魂神社にある八軒家浜の常夜灯について

生國魂神社にある八軒家浜の常夜灯と御神燈(燈籠)の話

2014/05/29   -幕府
 

上の写真は八軒家浜船着場、当時の様子です。 詳細は「八軒家船着場跡近くに、新選組定宿の京屋忠兵衛跡あり。」と「八軒家浜船着場、幕末当時の名残りを歩いてみました」を確認してください。 高倉筋にある階段は ...

大坂古地図②

大坂海軍塾跡・勝海舟寓居跡の専称寺に到着

前回「勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?」の続きになります。 堺筋の淡路町1丁目から西に進んでいきました。この道路から西が淡路町2丁目です。この辺りはオフィスビルが立ち並んでおり ...

大阪・土佐稲荷神社

岩崎弥太郎と土佐藩大坂蔵屋敷。蔵屋敷の大きさについて

幕末散歩をしていると、現地に行く前よりも行った後の方が、その場所の歴史に対し関心が増していきます。さらに詳細な情報を調べるようになり、興味が倍増していくからです。ぜひとも気楽に足を運んでみてください。 ...

幕末大阪古地図

勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?

2014/05/17   -幕府
 , ,

幕末関係の小説を読んでいると、坂本龍馬が頻繁に大坂を行き来する場面が登場します。では龍馬は大坂のどこを拠点としていたのでしょう。 それは勝海舟の寓居である専称寺。勝海舟が大坂で海軍塾を始めた場所です。 ...

造幣局桜の通り抜け

造幣局・桜の通り抜けと長州藩・遠藤謹助

4月に造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。 造幣局・桜の通り抜けは、色々な種類の桜をまとめて見る事ができるので、大勢の人が足を運んでいます。この期間は混雑するので、天満橋からの一方通行になっているこ ...

大阪城

大阪城「城中焼亡埋骨墳」は薩長が鳥羽伏見の戦いで幕府側に建立

2014/05/14   -新政府軍
 

大阪市内に引っ越ししてきた時にまずしたことが周辺散歩でした。まずは大阪城からと散歩。 今回は大阪城周辺散歩で、調べることなく偶然に見つけた幕末の碑を紹介します。

幕末当時の八軒家浜の様子

八軒家浜船着場、幕末当時の名残りを歩いてみました

2013/10/24   -幕府
 

以前「八軒家船着場跡近くに、新選組定宿の京屋忠兵衛跡あり」という記事を書いたときに八軒家船着場を紹介しました。 こんな場所(写真⑤)ありましたよね。遠くに階段が見える場所です。内容はこんな感じ。 八軒 ...

髙橋君原瘞地之碑

髙橋多一郎・髙橋荘左衛門のお墓とその周辺の紹介

2013/10/23   -水戸藩
 ,

1. 「桜田門外の変には続きがあった。江戸の続きは大阪・四天王寺にあり」 2. 「四天王寺に入り、髙橋多一郎・髙橋荘左衛門のお墓まで向かうルート」のつづきです。

四天王寺五重塔

四天王寺に入り、髙橋多一郎・髙橋荘左衛門のお墓まで向かうルート

2013/10/21   -水戸藩
 ,

「桜田門外の変には続きがあった。江戸の続きは大阪・四天王寺にあり。」のつづきです。 四天王寺の場所は天王寺駅で下車して、12分ほど北上するか、地下鉄谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅で降り、5分ほど歩くと着 ...

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.