勝海舟

大坂古地図/北鍋屋町と南鍋屋町周辺

幕府

大坂海軍塾跡・勝海舟寓居跡「専称寺」と近藤長次郎ゆかりの地「大和屋弥七邸」を歩く

前回「勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?」の続きになります。 大坂海軍塾跡・勝海舟寓居跡の専称寺があったという北鍋屋町と南鍋屋町周辺を歩いてきました

幕末大阪古地図

幕府

勝海舟の大坂寓居跡である専称寺は、今の大阪のどのあたり?

2019/11/15    , ,

幕末関係の小説を読んでいると、坂本龍馬が頻繁に大坂を行き来する場面が登場します。では龍馬は大坂のどこを拠点としていたのでしょうか? それは勝海舟の寓居である専称寺です。専称寺とは勝海舟が大坂で海軍塾を ...

みなと公園「海軍操練所顕彰碑」

幕府

神戸・みなと公園の海軍操練所顕彰碑(複製)まで歩く

③「史跡・旧海軍操練所跡」を見た後、西方面に歩いていきました。京橋からメリケン波止場まで歩きます。 この辺りも独特の建築様式で造られた建築物が並んでいます。 ここからメリケン波止場近くにある「海軍操練 ...

史跡・旧海軍操練所跡

幕府

坂本龍馬や陸奥宗光、近藤長次郎等を排出した神戸海軍操練所跡を巡る

神戸「旧居留地十五番館」から旧海軍操練所跡に向かいます。途中、日本最古の下水道にも立ち寄ってみます。 「旧海軍操練所跡」と言えば坂本龍馬や陸奥宗光、近藤長次郎等を排出したことでも有名。行くのが楽しみで ...

幕府 新政府軍

「神戸外国人居留地跡の碑」と「旧居留地十五番館」を歩く

神戸周辺は大阪から近いということもあり、何度も行ったことがありますが、今回は撮影も兼ねて「神戸海軍操練所跡」に向かいます。 この周辺は当時たくさんの外国人居留地がありました。その居留地を現在でも見て歩 ...

Copyright© 幕末散歩.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.