長州藩

古地図で萩周辺を行き当たりばったりで散歩してみました。

更新日:

hagi09

①萩博物館を出て、萩周辺を歩いてみました。古地図のピンクの場所を行き当たりばったりで散歩してみました。

スポンサーリンク

古地図②毛利筑前と書かれている周辺は、現在、萩高等学校の外壁になっており、白壁で塗られています。一直線白壁なので、驚かされます。200m以上はありました。

この場所に来たとき、初めて来たとは思えない感じがしました。多分、何か映画かドラマで見たことがあったんでしょうね。「あっ、この場所、見たことがある!」ってその時思いました。

hagi01

↑②萩高等学校の周辺が白壁になっています。ずーっと白壁です。

 

次は③鍵曲や④口羽家住宅に向かいます。
その道中、正直ビックリしました。これほどまで昔のまま残っているとは。非現実的空間です。

hagi02

 

hagi03
↑過去にタイムスリップしたかのようです。

 

京都の場合、昔のまま残っている所は沢山ありますが、小さいその場所場所にに点在するだけです。萩の場合、点がつながり線となり、それが円となりずっと続いているのです。

今日朝からずっと見てきた数々の萩の通りは、まるで江戸時代に戻ったのかと錯覚してしまう程、当時のまま、原形を留めていました。

 

③鍵曲にきました。この道はスゴい!曲がって次の通りに行ってもスゴい。まだまだ続きます。(人間、ホントに驚いたときはスゴイしか言わないですね。スゲー!を連発してました(笑)。)
hagi04

 

鍵曲
↑鍵曲の角。曲がっても壁のようになっていて、まるで迷路のようです。

 

古地図④口羽飛弾と書かれている場所は、口羽家住宅です。この口羽家住宅周辺も鍵曲が続いています。口羽家住宅は、重臣(家老に次ぐ)で約1000石を領した屋敷です。萩に現存する屋敷の中では最大のものだそうです。

hagi06
↑口羽家住宅に入る手前の鍵曲。

 

口羽家住宅
↑口羽家住宅。なまこ壁がいい味だしてます。

鍵曲異空間を堪能しながら歩いていると、川(古地図⑤)がチラッと見えたので行ってみました。ここは橋本川と言って、萩循環まぁーるバスに乗ったときに何度か見ていた川でした。「そっかぁ、ここに出るのか」って。⑤は川付近まで接近できるのんで、オススメです。水面がキラキラ光りとても綺麗でした。

hagi08
↑⑤橋本川。しばらくここで座っていたくなる、そんな場所です。(もしかしたらこの場所は⑤ではなく、口羽家住宅周辺にあるどこかの家の裏庭から見たかもしれません。チョット忘れました;;)

 

 

萩循環まぁーるバスが常磐大橋を渡り、橋本川の反対側から口羽家住宅方面を見ることができました。歴史を知った後では、景色の見方が変わりますね

萩は明治維新や数々の戦争を乗り越えて、ずっと壊されることなく残っていました。これは本当に奇跡としか言いようがないでしょう。

この場所が東京や関西等の都市圏から、非常に遠い場所にあったのも幸いしているんでしょうね。これからもこのままの状態を維持してほしいものです。

スポンサーリンク

-長州藩
-, ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.