幕末散歩.com

古地図を持って幕末志士や諸藩の史跡を巡るブログ

長州藩

吉田松陰を知りたければ、玉木文之進を知ること!初代・松下村塾である玉木文之進旧宅を訪れる。

 

長州藩萩・松陰神社周辺マップ

⑥伊藤博文旧宅・⑧伊藤博文別宅を後にし、元の道⑤の道まで戻り、右折し、松陰神社と反対の方向にくねくね道を行くと⑧玉木文之進旧宅があります。

今回は玉木文之進旧宅。別名「松下村塾発祥の地」を訪れます。幕末好きは必見の地です。

玉木文之進旧宅(松下村塾発祥之所)

玉木文之進旧宅

玉木文之進旧宅は木造で壁も木が見えています。屋根は一部瓦ですが、藁(わら)の部分もあることで、当時の面影を十分に感じられます。

玉木文之進は吉田松陰の父・杉百合之助の弟です。玉木文之進が、吉田松陰や近くの子ども達を集めて塾を開き、「松下村塾」と名づけました。

僕は司馬遼太郎の小説「世に棲む日日」を読んだ直後にこの場所に来たこともあり、この地を見たときは結構感動しました。

「世に棲む日日」は玉木文之進と吉田松陰の話からスタートします。松蔭をつくったのは玉木文之進と言っても過言ではないでしょう。

吉田松陰を知りたければ、まず玉木文之進のことを知る必要があります。

 

玉木文之進旧宅

松陰先生が塾を引き継いだので、玉木文之進の家が初代・松下村塾ということになります。

入口には「松下村塾発祥之所」 という碑もあります。

 

玉木文之進旧宅にある「松下村塾発祥之所」碑

「松下村塾発祥之所」碑が右側に立っています。

 

玉木文之進旧宅碑

そして「玉木文之進舊宅(旧宅)」碑が左側に立っています。

 

スポンサーリンク

最後に

長州藩萩・松陰神社周辺マップ

玉木文之進が地元の子供たちを集めて松下村塾をスタートさせたことからもわかるように、⑧玉木文之進旧宅と後の吉田松陰が始める②松下村塾、そして後に参加する⑥⑦伊藤博文、⑤吉田稔麿(稔丸)らの家が近いことがよくわかりました。

この周辺を見てまわると、松下村塾の歴史の流れを、今でも再認識することができます。

スポンサーリンク

-長州藩
-, , ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.