彦根藩

彦根城周辺の家老屋敷跡(脇家、西郷、木俣)を歩く

更新日:

hikonejo307

地図①~③「JR彦根駅から彦根城外堀、井伊直弼の埋木舎まで歩く

地図④~⑤「彦根城に入り、内堀周辺を歩く」のつづきです。前回は表門や内堀まで歩きました。

スポンサーリンク

彦根城マップ

表門を戻り、内堀沿いを西に向かってみました。道も内堀と同じく半円にカーブしています。そこに3箇所家老の屋敷があったので紹介します。(家老の屋敷は上の地図には表示していません。すみません。)

家老屋敷(1)家老脇家屋敷跡です。井伊家の家老・脇家の屋敷です。
結構損傷していますが、なめこ壁の屋敷です。暗くてわかりにくいですが、入口の所になぜか郵便受けがあります。人が住んでいるのでしょうか?
hikonejo307

hikonejo302

 

そのまま内堀沿いに歩いていくと、もう一つ家老の屋敷がありました。場所は京橋口付近にある長屋門で、(2)家老西郷屋敷跡です。3,500石の家老屋敷でした。
hikonejo306

家老西郷屋敷跡

家老西郷屋敷跡

家老西郷屋敷跡から丁度上り坂になってまして、そこから彦根城を見ることができます。
家老西郷屋敷跡
↑ちょこっと彦根城天守閣が見えているのがわかりますか。

最後に内堀沿いを戻り表門まで帰ってきました。ここにも家老屋敷があります。(3)家老木俣屋敷跡です。
hikonejo308

家老木俣屋敷跡

家老屋敷跡3箇所を見てきました。しかし、それに関する情報があまり無いため写真を撮ったぐらいで終わりました。説明文がほしかったなぁ。

そして最後に、今回の目的でもある⑥井伊直弼像に向かいます。(つづく)

スポンサーリンク

-彦根藩
-

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.