幕府

坂本龍馬や陸奥宗光、近藤長次郎等を排出した神戸海軍操練所跡を巡る

更新日:

kobe-kaigun001
②「旧居留地十五番館」を見て立ち去ろうとした時、横にふっと目に入ったものがあったので、近づいてみることにしました。

柵に囲まれたもの、登録有形文化財、近代化産業遺産とあります。

覗き込んでみると…

スポンサーリンク

ぬゎんと、明治時代に造られた日本最古の下水道です。明治時代といえばレンガですが、この下水道もレンガでできています。雨水のみを運んでいる下水道だそうです。

神戸幕末地図

夢中で下水道を覗き込みながら写真を撮ってると、2~3人、それを見て、同様に覗き込んできました。人が人をよぶとはこのことですね。
kobe-kaigun005
日本最古の下水道。卵型のレンガ造り。

日本最古の下水道
下水道、断面図。

次に市立博物館を右折し、南に下っていきます。
kobe-kaigun002
↑神戸市立博物館周辺にあった花壇。神戸はチョットしたこともセンスがありますね。

そのまま海側に近づくと京橋という表示があります。そこの信号を越えた所にありました。
海軍操練所跡です。大きないかりの形をしています。説明は前回に書いたんで、それを参照してください。操練所の場所は、ここからだいたい西側一体にあったそうです。

kobe-kaigun008
↑③史跡・旧海軍操練所跡

錨(いかり)の下には、本の形をした碑があり、そこには海軍操練所跡の由来が書かれています。「海軍操練所は、兵学校・機関学校・海軍工廠を総合した観があり…坂本龍馬、陸奥宗光、伊東祐亨を輩出した…」とあります。
史跡・旧海軍操練所跡
③史蹟旧海軍操練所跡、拡大。

池田屋事件や禁門の変に関係した望月亀弥太などが海軍塾の中にいたため、残念ながら海軍操練所と神戸海軍塾は約1年で閉鎖されてしまいました。しかし、ここから坂本龍馬や陸奥宗光、近藤長次郎等が輩出されました。航海術を学んだメンバーが後に、亀山社中を結成していきます。

kobe-kaigun007
↑見づらいですけど「史蹟・海軍操練所址・神戸市」と書かれています。残念ながら、阪神大震災で倒れてしまいました。

kobe-kaigun003
↑すぐとなりにある神戸電信発祥の地碑。ドコモ神戸ビル前にあります。

勝海舟の人を見抜く力ってすごいですね。また、幕府以外からも優秀な人材がいれば登用する、彼のスケールの大きさと決断力に引き込まれてしましました。
ぜひとも「氷川清話」読んで見てください。(つづく)

スポンサーリンク

-幕府
-, , , , ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.