土佐藩

龍馬観音から福山市営渡船のりば、禅福寺・対潮楼周辺を歩く

更新日:

鞆の浦

一日乗車券で、大阪から福山までやってきて、バスで鞆の浦にやってきました。前回は、鞆の浦に到着し、「坂本龍馬宿泊所跡」碑と頼山陽の「対仙酔楼」を歩いてきました。

鞆の浦到着。「坂本龍馬宿泊所跡」と頼山陽「対仙酔楼」を見る」のつづきです。

スポンサーリンク

 鞆の浦
↑頼山陽も絶賛のこの景色。素晴らしいの一言です。

 

②対仙酔楼を後にして、南に進んでいきました。すると、鞆シーサイドホテルの前に龍馬とおりょうの記念写真パネルがあります。しかし、鞆の浦にはお龍は来ていませんが…この女性は一体誰?謎である。

 

鞆の浦にお龍と龍馬が
↑龍馬とおりょう?いや、そんなはずはない?

 

 鞆の浦地図

 

このまま南に進むと少し右側にカーブしています。丁度その辺りに、浄泉寺というお寺がありそこに③龍馬観音があります。

幕末当時、龍馬は観音様に勝利を祈願したと伝えられているそうです。プレートは「幕末を駆け抜けた龍馬はこの地に立ち、世界の平和と自由を発信した」とあります。

 

 ③龍馬観音
③龍馬観音。龍馬が指す場所とは。→沈没したいろは丸の場所を指しているそうです。

 

しばらく行くと「福山市営渡船のりば」があります。ここで「平成いろは丸」に乗ることができます(笑)。乗りたかったんですが、如何せん時間が無いもんで…。

平成いろは丸に乗りたいというよりは、船に乗ってこの辺りの景色を見て回りたい、そして向かいにある仙酔島に行ってみたかったんです。そう思わせる場所でした。

 平成いろは丸
↑平成いろは丸は往復240円。気軽に乗れる値段ですね。

 

船乗り場のすぐ隣に保命酒のお店があったので、入ってみました。暑かったんで、休憩のつもりで入ってみました。

中には福山市鞆町名物・保命酒が売られていました。お店の方が出てきて試飲できますよ。飲んだ感想は…

薬の苦味がありますが、後から甘みが増してきます。糖分で飲みやすくしていますね。飲んだことありませんが、養命酒もこんな感じでしょうか。

 

 保命酒
↑入江豊三郎保命酒本店の渡船場店

 

 保命酒
↑本格麦焼酎・いろは丸と土佐焼酎・龍馬の海援隊

 

次に行った場所は福禅寺にある④対潮楼です。入江豊三郎本店・渡船場店の前辺りを右折して、細い道を上がって行くとあります。

僕が行ったときは入口付近が工事されていましたが、福禅寺内は見学できるようです。

 

福禅寺は平安時代に建てられましたが、江戸・元禄時代に創建された客殿の眺めが素晴らしいことから、朝鮮通信使のための迎賓館として使用されました。

1748年(延亨5年)に正使の洪啓良禧がこの客殿を「対潮楼」と名づけました。

 

 対潮楼に向かう路地
↑右折してからは急に道が細くなり、昔を思わせる路地が顔を出します。

 

 

 禅福寺・対潮楼
↑禅福寺・対潮楼

 

 「対潮桜」扁額
「対潮桜」扁額。正使の洪啓禧がこの客殿を「対潮楼」と名づけました。

 

 「対潮桜」眺め
↑そしてこれが、対潮楼から見た景色。絶景です。

 

 日東第一形勝
↑「日東第一形勝」扁額。従事官の李邦彦が、客殿からの眺望を「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)」と賞賛しています。

 

対潮楼に入ると3、4人の観光客が座っていました。ゆっくり見れるな、と右側前方に座り景色を眺めながらの休憩です。ここは風が一直線に抜けるため、夏のこの時期は最高に気持ちよく、のんびりとした景観を楽しむことができました。

対潮楼内に飾られている史料を見学して出発することにしました。

禅福寺・対潮楼のすぐ前が海だったことがわかる写真
↑当時は禅福寺・対潮楼のすぐ前が海だったことがわかる写真。当時は今よりももっと素晴らしい景色だったんでしょうね。

 

 tomonoura2012

で、幕末と関係ないやんって言われそうですが、あるんですよ。

この場所もいろは丸事件の時、海援隊と紀州藩の交渉の場の一つとなったそうです。龍馬もきっとこの素晴らしい景色を眺めたんでしょうね。

(つづく)

スポンサーリンク

-土佐藩
-,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.