彦根藩

JR彦根駅から彦根城外堀、井伊直弼の埋木舎まで歩く

更新日:

彦根城外堀

今回は、彦根に行ってきました。前から一度行ってみたかった場所の一つです。

幕末と言えば井伊直弼の開国と安政の大獄から始まったと言っても言い過ぎではないでしょう。彦根藩は江戸幕府側と思われがちですが、井伊直弼が桜田門外の変で亡くなってからは、急遽、幕府から新政府軍に転向しています。

大阪から彦根までは新快速に乗って1時間30分ぐらいで着きます。新快速でも彦根方面に行かない電車もあるので要注意ですよ。彦根駅に着くと色々な所に地図があるんで助かります。

スポンサーリンク

彦根城マップ

 

hikone1
↑駅を降りると、①「井伊直政銅像」があります。徳川四天王の一人で、関ヶ原で活躍したそうです。直政銅像を見て思ったこと。ひこにゃんが被ってる兜と同じだ!って。

彦根駅をまっすぐ行くと彦根城があります。駅からも見えているんでシンプルでわかりやすいです。歩いて12分ぐらいかなぁ。思っていたよりも近いですよ。

道中、石屋さんもひこにゃんを展示しています。
ひこにゃん石屋

護国神社の前に、②「井伊大老歌碑」があります。藤原直弼と書かれていますが、これは井伊直弼のことです。井伊家が藤原氏の後裔だからです。
hikone3

井伊大老歌碑拡大
↑井伊大老歌碑(拡大)

井伊大老歌碑

 

外堀を越える前に右折します。外堀沿いに歩いていくと③埋木舎(うもれぎのや)があります。ここは井伊直弼が彦根藩13代藩主になるまで、ここに住んでいました。17歳から32歳まで住んでいたそうです。遅咲きですね。

hikone7
↑③埋木舎。家の前には外堀があります。

 

埋木舎

hikone10

埋木舎で生活していたときには、大老にまで上り詰めるなんて思いもしなかったでしょうね。


大きな地図で見る

■埋木舎
時間/ 9:00~16:30
入館料/大人300円/高校・大学生200円/小中学生100円
休館日/月曜日、お盆、年末年始(冬期不定休有り)

スポンサーリンク

-彦根藩
-,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.