長州藩

菊屋横丁から江戸屋横丁に。当時のまま残る野田七郎右衛門屋敷、円政寺、青木周弼旧宅を見歩く。

更新日:

nodake_bukeyashiki

高杉晋作誕生地を見た後、桂小五郎邸に向かうことにしました。菊屋横丁を出て左に曲がります。

まっすぐ進んで伊勢屋横町を越すと、④武家屋敷野田家があります。古地図には野田七郎右衛門とあります。

スポンサーリンク

kikuya-yokocho

次の通りを左に曲がると、そこは江戸屋横丁に入ります。するとすぐに⑤円政寺があります。

enseiji

この円政寺ですが、「高杉晋作・伊藤博文両公幼年勉学之所」という碑と看板があります。他にも色々な説明がたくさん掲示されており、当時はそれが胡散臭い感じがしてしまい(そう思ったのは僕だけだろうか…)、拝観することなく立ち去りました;;拝観料は200円です。

古地図には法光院と書かれています。明治時代に法光院と寺町にあった円政寺が合併して 円政寺という名前になったそうです。

 

次に⑥青木周弼旧宅に着きます。
aoki-shusuke

残念ながら古地図には茶色く塗られたままです。というのもこの古地図は安政元年(1854年)から安政2年(1855年)に作られたそうですが、⑥青木周弼旧宅は安政6年(1859年)に新築されたそうなので、書かれていなかったんですね。

青木周弼旧宅
↑⑥青木周弼旧宅。幕末当時、蘭学者だったそうです。全国から学生が集まったため、安政6年(1859年)に建てられました。

 

青木周弼旧宅で、案内の方に小泉純一郎さんが首相時代に萩に来た時の話を聞かせてくれました。

小泉さんが松陰先生の生まれた場所に行ったとき、「トントントン、松陰先生はいらっしゃいますか?、ガラガラガラ~(戸を開ける音)」と言って入ったそうです(笑)。

スポンサーリンク

-長州藩
-, , ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.