長州藩

木戸孝允(桂小五郎)誕生地は、広々とした日本家屋だった。

更新日:

katsura-kogoro1

最後に⑦「木戸孝允(桂小五郎)誕生地」に行きました。

スポンサーリンク

kikuya-yokocho

この旧宅は桂小五郎の実父・長州藩医和田昌景の家です。8歳に桂家の養子になりましたが、養父母がすぐに亡くなったため、実家で成長したそうです。桂小五郎は、江戸に出るまでの20年間をこの家で過ごしています。

 

katsura-kogoro2

 

藩医だけあって広いですね。入口も複数ありますね。入ってみると結構広いです。中には小さい桂小五郎像や桂家と和田家を家計図で説明しています。
katsura-kogoro5

 

部屋内中に、7~8歳頃に書かれた書道「今日」が掛けられており、右側に「以ての外よろし」と朱書きで褒められています。
katsura-kogoro6
また、11歳の書道には朱書きで「天晴見事見事(あっぱれみごとみごと)」と最上級で褒められています。この写真は残念ながら持ってません;;

縁側があり、そこから見える松がとても印象的でした。ずっと座っていたいような落ち着きがありました。
katsura-kogoro4

katsura-kogoro3

katsura-kogoro8

呉服町周辺を見てきました。ここは城下町に相応しく、萩城外堀のすぐ近くにありました。この周辺で生活していた武士たちは、本当に身分が高かったんだなぁと感じさせてくれる風格のある家々でした。

 

また、長州藩の藩校である明倫館も近くにあるんです。

次は、歩いて明倫館に行ってみます。

スポンサーリンク

-長州藩
-, ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.