長州藩

松陰神社前に吉田松陰肖像画の松浦亀太郎(松洞)生誕地あり

更新日:

matsuura1

まずは吉田松陰の野山獄跡、金子重之助(重輔)の岩倉獄跡を見て、次に反射炉を見てきました。

【関連】吉田松陰が海外渡航に失敗した後、入っていた野山獄跡はバス停横にあり

【関連】幕末の象徴、萩の反射炉の存在感に魅了される!日本に現存する反射炉は2箇所のみ。

反射炉を後にし、萩循環まぁーるバス(松陰先生)に乗って松陰神社に行きました。「松陰神社前」バス停で降ります。

スポンサーリンク

syoin-jinjya

松陰神社の入口に「①松浦松洞誕生地」という碑がありました。この時、何の碑かわかりませんでしたが…

 

松浦松洞誕生之地碑・松陰神社前

近くに説明があったんでを読んでみると、あの有名な松陰先生の肖像画を描いた人、松浦亀太郎(松洞)だったんです。彼はそのまま画家で終らず志士になったのにはビックリ。松下村塾で松陰先生の話を聞いているうちに、自らも動ねばと思ったんでしょうね。

松浦松洞誕生地碑は左右に2つ碑があります。右側の大きい碑は昭和42年10月、松陰神社維持会建立とあります。

 

松浦 亀太郎(まつうら かめたろう)とは

天保8年(1837)-文久2年4月13日(1862)

幼少のころ羽様西崖に画法を学び、のち小田海僊に師事した。

安政3(1856)年吉田松陰の松下村塾に入った。

同5(1858)年上京した後江戸に行き、芳野金陵の塾で学んだ。

同6(1859)年帰国し、5月には松陰が自賛した肖像画を描いた。

文久2(1862)年久坂玄瑞ら同志とともに上京、藩老長井雅楽の開港論に反対して暗殺しようとしたが、果さなかった。しかし「一事寸功の見るべきものなく、いたずらに時の推移するを思い、何の面目か故郷の人に逢わん」と、粟田宮(青蓮院宮尊融法親王)の正義を慕って粟田山中で切腹した。年26。

(京都大学附属図書館 維新資料画像データベースより)
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/ishin/jinmei/Matsuura.html

 

松浦亀太郎が描いた吉田松陰肖像画は松下村塾内にありますよ。

 

吉田松陰肖像画

matsuura2
▲松下村塾内に飾られている吉田松陰肖像画

 

matsuura3

 

最後に

本物の「吉田松陰肖像画」を見ることが出来てうれしかったです。

松浦亀太郎(松洞)が松陰神社近くで生まれたということは、松下村塾に入塾するのが自然の流れだったんでしょうね。

【関連】長州萩幕末旅行【まとめ記事】

スポンサーリンク

-長州藩
-, ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.