土佐藩

坂本龍馬のブーツや亀山社中跡までは、龍馬通りから上るのがオススメ。

更新日:

龍馬のブーツ

 朝一から坂本龍馬や亀山社中跡を見に行きます。龍馬ファンならぜひとも行ってみたい場所ですね。

今まで長崎旅行はあるものの、亀山社中跡や坂本龍馬関係は初めて、楽しみです。

スポンサーリンク

 ホテルで路面電車の一日乗車券(500円)を買い、新大工町まで向かいます。長崎駅からだと3系統(赤色)で着きます。新大工町で降り、南野山側に向かい歩いていきます。小さい橋を渡った辺りまでは平面なんですが…

徐々に上り坂に変わっていきます。見上げるとあそこまで登るのか〜っと登る前にひるんでしまうものですが、今回は大好きな龍馬とあって、「早く登って見てみたい」、そのモチベーションの方が勝ち、ハイテンションで麻痺してます(笑)。

途中、色々な所から坂を登ることができますが、ぜひとも  龍馬通りから登るのが筋。

地図を持っているものの、なかなか龍馬通りに着かないんです。細かい地図で事前に調べておいた方がいいですよ。なんとか彷徨い歩き、龍馬通りに着きました。なんかワクワクする通りですね。

 

龍馬通り

左下に龍馬通りと表示があります。因に、京都伏見にも龍馬通りあり。

ここの表示によると亀山社中までは210m、龍馬像がある風頭公演までは500mとあります。もちろん坂です。龍馬通りはクネクネとした階段がずっと続きます。所々手作りの案内図が顔を出しています。

 

龍馬通り

亀山社中までの案内

亀山社中の近藤長次郎や陸奥宗光が道を案内してくれてます(笑)。

 

亀山社中までの道のり

龍馬通りを上からみたところ。クネクネした階段が続いています。

 

龍馬通りを上るネコ

龍馬通りを登るネコ

 

亀山社中前

地図を頼りになんとか「亀山社中」に到着。

 

亀山社中の跡

「亀山社中」は、1865年(慶応元年)に坂本龍馬が結成した日本最初の商社のことです。(昭和53年3月建立・長崎市)

僕が行ったときは、その資料等は、そこから少し歩いた所にある「亀山社中資料展示場」にありました。土・日・祝日のみ開館なので注意。

(追記)現在亀山社中の跡は「長崎市亀山社中記念館」になっています。亀山社中当時の建物を復元しています。今はそちらに資料が移動してるのかな?ぜひとも見に行ってください。

 

龍馬ストラップ

亀山社中資料展示場で購入。オリジナルだそうで、思わず買ってしまいました。

その後、龍馬のブーツ像に行きます。以前からここに行ってブーツを履きたかったんですよね。念願の夢が叶い、嬉しい!!

 

龍馬ブーツを履く梅太郎

「龍馬のぶーつ」は、靴ごと履くことができます。

(この記事は「幕末散歩」の過去分を再編集したものです。)

スポンサーリンク

-土佐藩
-,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.