長州藩

目指すは天王山頂上、そして大山崎山荘美術館へ

更新日:

tennouzan005

天王山登山に出発!(久留米藩・真木和泉,宝積寺)

史蹟 禁門の変・十七烈士之墓/天王山のつづきです。

 

スポンサーリンク

③十七烈士の墓を後にし、目指すは④天王山頂上です。幕末とは関係ありませんが、ここまできたらぜひとも山頂まで登りたいもんです。

天王山地図

山頂までいくには酒解神社を通らなければなりません。酒解神社は本当は「自玉手祭来酒解神社(たまでよりまつりきたるさかとけじんじゃ)」という名前だそうです。相当歴史があるらしく神輿庫は重要文化財に指定されています。

しかし、この神社、人が誰もいないんで、すぐに通り過ぎたいような雰囲気があります。

tennouzan006
↑酒解神社の鳥居。

tennouzan001
↑自玉手祭来酒解神社

 

②展望台から④山頂まではそれほど距離はないんです。歩く速度もあがり、あっという間に④天王山山頂に到着です。

 

山頂には木は無く広場のようになっています。一瞬「えっ、何もないの?」って思ってしまいますが、ポツリとありました。天王の頂上を示すプレートに「天王山山頂 270.4メートル」と書かれていました。これを見て、達成感が出てきましたよ。

tennouzan005

ここでおにぎりやお弁当を食べている人達が多いんで、僕も買って持って来れば良かったと思いました。

余談ですが、頂上のプレートでブログ用の写真を撮っていると、「写真を撮って欲しい」というおっちゃん2人組に話しかけられ、写真を撮ってあげました。どうやら朝一で、「青春18切符」を使って姫路から来られたそうです。2人で色々な山々を登っているようでした。僕は「十七烈士の墓」を見るために、天王山を登って来たって言ったら、「あ~、さっきあった所か」って全然興味が無いようでした。なので僕がその説明をしましたが、おっちゃん達、多分わかってないと思います(苦笑)。その後、「おにぎりあげようか?」っておっちゃんに言われましたが、流石にそれは遠慮しました(笑)

まぁ、こんな風に登山では急に話し掛けられることがあります。登山していると仲間意識がわくようです。僕が一人で登っていたのもあり、話かけやすかったのでしょうね。

 

下りは、勢いがでるので注意してください。宝積寺の方には行かず、大山崎山荘美術館の方から下山しました。

tennouzan002
↑大山崎山荘美術館の裏側。

 

tennouzan003
↑大山崎山荘美術館に行くには、このトンネルを越えます。

 

tennouzan004
↑大山崎山荘美術館の正面から。いい感じの美術館でしょう。

 

この美術館の2階がオープンテラスになっており、そこで三川合流や男山を見ながら紅茶やビールが飲めるカフェになっています。オススメです。

今回の更新は、幕末とは関係なかったですね。失礼しました。天王山は気軽に登れる山なんで(僕でも登れたので)、登山がてら「十七烈士の墓」を見に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-長州藩
-

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.