薩摩藩

グラバー園の場所や建物を見て、武器商人トーマス・グラバーの力を再認識しました。

更新日:

トーマスグラバー

僕自身、中学校の修学旅行以来となるグラバー園に行くことにしました。龍馬とグラバーは切っても切れない関係ですからね。

中学校の時とは視点が完全に違うんで、2回目ですが新鮮な気持ちです。

スポンサーリンク

賑橋電停から石橋方面の電車に乗り、大浦天主堂下で降ります。グラバー園まで直行できるエレベーターがあるそうですが、雰囲気を味わいたいので登っていくことにしました。色んなお店がありますね。大浦天主堂を通り、グラバー園に到着。

グラバー邸

上野彦馬が撮影した写真の中にも当時の大浦天主堂の写真がありました。

 

 

グラバー園には、グラバー邸の他に、オルト邸やウォーカー邸、リンガー邸等、たくさんの住宅があります。これらは元々この場所にあったわけではなく、移築されたものだそうです。どの住宅もデザインや色のセンスが良く、幕末から明治時代の面影がはっきりと分かる場所ですよ。

フリーメーソンマーク

グラバー園内にフリーメーソンマークを発見。旅行当時、龍馬とフリーメーソン関係の本を読んでいたので、思わず写真を撮りました。

 

 

グラバー園の向かいには三菱重工業等の造船所が見えます。今見ても、三菱マークだらけですよ。

glover-garden1 グラバー園からの眺め

これを見ていると三菱の岩崎弥太郎とグラバーにつながりがあったのが、現在でもわかるような気がしますね。グラバー園内にも、三菱のドッグハウスがあります。

 

 

今回のグラバー園の目的の一つでもあるグラバー邸内の隠し部屋を確認してきました。どこにあるのかなぁと探していたんですが、堂々と「隠し部屋」と掲示されてました(笑)。

グラバー邸隠し部屋?

 

彼がトーマス・グラバーです。幕末時の影の大物といったところでしょうか?

トーマスグラバー

 

 

黒船の模型を発見。黒船は幕末の原点ですね。

黒船

やはりグラバー園は幕末の視点で見ると、とても面白い場所でした。盛りだくさんで、まだまだ書ききれていないこともあります。
ぜひとも見に行かれることをオススメします。


大きな地図で見る

■グラバー園
〒850-0931 長崎県長崎市南山手町8番1号
TEL: 095-822-8223 FAX: 095-823-3359
休館日:年中無休
開館時間:時期によって変更されるので、HPで確認してください。
http://www.glover-garden.jp/

スポンサーリンク

-薩摩藩
-, ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.