土佐藩

坂本龍馬が住んでいた材木商・酢屋は、享保6年より280年間現存している

更新日:

酢屋

三条一つ下の通称龍馬通りに行くと「坂本龍馬寓居之趾」があります。

酢屋と呼ばれている場所です。

スポンサーリンク

幕末京都地図1-6

 

⑥「坂本龍馬寓居之趾」…通称龍馬通にある「材木商・酢屋」を差しており、現在も酢屋はあります。竜馬が住んでいた2階は「ギャラリー龍馬」として現在営業されています。酢屋は享保6年~現在までの280年間、この場所にに現存しています。すごいですね。

 

酢屋

↑2階は龍馬関係の資料があるそうです。

坂本龍馬寓居之趾

入口右下に「坂本龍馬寓居之趾」碑があります。その上に木の板で「坂本龍馬史蹟之一端」とあり、その下に海援隊本部・酢屋嘉兵衛宅と書かれています。

 

龍馬は確か酢屋の2階から鉄砲で撃っていたそうですね。いやぁ、今でも現存するってのはすごいです。当時を空想してしまいますね。

スポンサーリンク

-土佐藩
-,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.