長州藩

京都ホテルオークラ横の桂小五郎像がカッコイイ!

更新日:

桂小五郎像

木屋町三条から大村益次郎と佐久間象山遭難の地を歩く」(地図①~③)の続きです。

③「兵部大輔従三位大村益次郎公遺址」を後にし、今来た木屋町通りを下ります。

スポンサーリンク

大村益次郎&佐久間象山

 

丁度、②「大村益次郎卿遭難之碑&象山先生遭難之碑」の向かい辺りに④「桂小五郎幾松寓居址」があります。現在は、幾松という料亭になっています。
katsurakogoro2
↑右下に「桂小五郎幾松寓居址」があります。

桂小五郎と芸妓・幾松の話は有名ですよね。小五郎が新選組から狙われている時に、幾松が何度も助けました。
後、幾松は、桂小五郎(木戸孝允)と結婚し、木戸松子となります。明治維新後、木戸松子は④この地に京都木屋町へ転居しています。

katsurakogoro1
桂小五郎幾松寓居趾

 

次に、御池通りに戻り、河原町方面に少し行くと京都ホテルオークラがあります。ここは江戸時代、⑤長州屋敷(長州藩邸)があった場所です。元治元(1864)年、禁門の変で焼失しました。下に古地図があるので確認してみてください。

長州屋敷跡
↑⑤長州屋敷跡。現在は「京都ホテルオークラ」になっています。

古地図(慶応4年再刷)には、「長州ヤシキ」(水色枠線)と書かれています。当時は御池通りが無かったんですね。ほぉ~。
そして、木屋町通りは鴨川の河川敷と接しているのがわかります。

幕末三条周辺地図

次へ行きます。オークラをぐるりと回ると、その西側に⑥「桂小五郎像」がありました。

桂小五郎像
何度も本では見てはいましたが、実際自分の目で見てみると想像していた以上にカッコイイです。迫力がありますよ。

桂小五郎像
↑桂小五郎像。少し拡大でどうぞ。

スポンサーリンク

-長州藩
-, ,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.