長州藩

適塾塾頭時代の「大村益次郎先生寓地址」は、江戸堀フコク生命ビルにあり。

更新日:

choshu1

①長州萩藩蔵屋敷跡は行きました。

大阪の長州萩藩蔵屋敷跡に、常安橋から向かってみる」のつづきです。

スポンサーリンク

幕末大阪長州藩地図

次に(↑古地図・赤紫色の枠)内にある、②三蔵院・高野寺に行きました。
choshu1

ここは現在、ビルとビルの間にある寺で、かなり窮屈そうに見えます。人がたくさん行き交いするの場所なので、なかなか写真一枚に収めることができませんでした。

三蔵院・高野寺

②三蔵院・高野寺と長州藩との関係ですが、明治4年の廃藩置県で毛利敬親がこの長州萩藩蔵屋敷を、高野山総本山「金剛峯寺」に寄進されました。その後、高野山は三蔵院をこの地に移転して、毛利家歴代の藩主を祀りました。以来、「②三蔵院・高野寺」は長州大師と呼ばれ、参詣者で賑わったそうです。

最後に、土佐堀通を西に進みます。なにわ筋を越えて進むと左側に、江戸堀フコク生命ビルがあります。

omuramasujiro-osaka2
↑江戸堀フコク生命ビル。左側に「大村益次郎先生寓地址」があります。

このビルの左前に「③大村益次郎先生寓地址」があります。すぐ横に説明があります。それによると、適塾で医学・蘭学を学んでいた時に下宿していた倉敷屋作衛門の屋敷跡だそうです。1943年(昭和18年)に大村卿遺徳顕彰会によって建てられました。

omuramasujiro-osaka

益次郎はずっと適塾に住んでいたそうですが、塾頭になり倉敷屋作衛門の屋敷に移ったそうです。ここだと長州藩蔵屋敷からも近いですし。適塾に行くには少し遠いですが、幕末の時代からしたら近い方なんでしょうね。

スポンサーリンク

-長州藩
-,

Copyright© 幕末散歩.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.